Welcome to Our Company

トップへ戻る  物件土地一覧へ物件建物一覧へ   以前のお知らせへ

 
季節の風景・・9月
観光の秋 祭りの秋
上総十二社まつり
玉前(たまさき)神社はだか祭り 大同2年から1200年余 

平成26年は、9月10日〜13日  


玉前神社ホームページ


玉前神社ホームページ


2005/9/13 一宮秋祭りの1コマ(南宮神社)
スーパーせんどうの北東方向
仕掛け花火と神輿のシルエット
(2005
.9/13 HP管理人撮影)
 
 
一宮玉前神社より釣が崎に出発する神輿
2006年9月13日

東浪見、釣が崎に揃い練る神輿
 2006年は、227年ぶりに神々ご一族 15基の神輿が打ち揃いました 





神社に帰る神輿2基
宮原地先 南宮神社前にて撮影

(2006年9月13日)
はだか(十二社)祭りは、1200年前の大同2年(807年)に始まったと伝えられています。
房総半島に多い浜降り神事のなかでも最古の伝統と格式を誇り、
現在は一宮町の無形文化財(平成15年4月千葉県無形民俗文化財)に指定されています。

このまつりは、玉前神社のご祭神玉依姫(神武天皇の生母)を中心として、
その一族の神々が1年に一度「釣ヶ崎」の海岸で再会するという祭りで、
8頭の馬に15基の神輿(みこし)と1000人余りのはだかの男たちが会する
勇壮な裸まつりとして知られています。

9月7日、町内各地区で幟立てが行なわれ、10日に鵜羽神社祭礼、
12日の宵宮祭を経て、
13日が本祭となります
玉前神社境内では上総神楽の奉納が行なわれます。 
  

玉前神社ホームページ


九十九里浜を疾走する 神の馬

稚児の乗った馬

  浜を駆け抜ける 神輿
交通機関: JR外房線上総一の宮駅から徒歩10分
所在地: 一宮町と近隣町村合同の祭り
連絡先: 一宮町商工観光課 0475-42-1425

トップへ戻る